HOME高周波誘導加熱装置 > 熱処理用高周波誘導加熱装置及び電源
産業IH機器熱処理製品

高周波誘導加熱を利用した焼入・焼戻し・焼鈍・鍛造装置を各種取り揃えております。また、高周波電源単体での提供も可能です。60年以上の販売実績に基づいた最適の製品をご提案します。

焼入・焼戻し・焼鈍・鍛造用、高周波誘導加熱装置及び高周波誘導加熱電源

焼入・焼戻し・焼鈍・鍛造用途にあわせて、各種高周波誘導加熱装置及び高周波誘導加熱電源(高周波インバータ)の品揃えがあります。

高周波焼入れ用加熱コイル 高周波焼入れ 鍛造装置
焼入 焼入 鍛造
横型搬送式高周波焼入れ用装置 縦型搬送式高周波焼入れ用装置  
横型焼入装置 縦型焼入装置  
取扱製品(例)
焼入・焼戻し 自動車部品焼入装置 精密機械部品焼入装置 シャフト焼入れ装置
焼鈍(しょうどん)
焼準(しょうじゅん)
電線焼鈍装置 ステンレスパイプ焼鈍装置 プレス加工品の絞り
曲げ加工の加熱装置 アニール装置用誘導加熱電源 焼き鈍し用誘導加熱電源
応力除去加熱    
ビレットヒーター 鍛造装置 押出成形加工用加熱装置  
ページトップ

横型シャフト連続焼入れ装置

高周波誘導加熱を利用した小型シャフト連続焼入れ装置です。
2本同時、ワンショット焼入れが可能です。

用途/特長

高速処理
 2本同時、ワンショット (一発回転)で焼入れ
 焼入/焼戻しを1ポジションで処理
高速焼入れ
 高速インバータ搭載立ち上がり20mS
インライン対応
 前後装置との自動取合い可能
焼入用新型高速インバータ搭載

シャフト焼入れ装置
用語説明
焼入とは(やきいれ、焼入れ、焼き入れ、焼きいれ)
鋼を変態点以上に加熱し急冷することにより、鋼を硬くする熱処理方法
焼戻しとは
焼入れされた鋼は、硬度が上がる反面衝撃に弱くなるので、変態点以下に再度加熱し、鋼に粘り強さを持たせる(もろさを改善する)熱処理方法
焼鈍とは(しょうどん、やきなまし、焼鈍し、焼き鈍し)
金属の組織を柔らかい状態にする熱処理方法
焼準とは(しょうじゅん、やきならし、焼ならし)
さまざまな加工により粗粒化した金属組織を、微粒化・均質化し、鋼を標準状態にする熱処理方法
ビレットヒーターとは
鍛造のプレス成型前に、ビレット(切断された鋼棒の鋼片)を加熱し、金属の硬度を下げ成型を容易にする工程
ページトップ